民泊として貸したい方


概要

ご所有の建物の1部屋から住宅宿泊(以下、民泊)が可能です。ご自宅の使わないお部屋、使っていない家屋などございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

鳥取県にある家主不在型民泊は、我々が住宅宿泊管理業者(民泊管理会社)として対応可能です。

民泊を含む宿泊業に関しては、不動産業界の目線とは違った、お客様へのおもてなしが必要とされます。

我々はホテル旅館業界にも精通しており、専門家としてのノウハウの共有を行います。

土地・建物活用ガイド

民泊運営によって、地域貢献や安定した収益の確保等のメリットが見込まれます。当社では貸主さまへカウンセリングを行い、貸主さまにとって最適なご提案を行います。


土地・建物活用の流れ

STEP

1

お問い合わせ

既存建物を民泊にしたいとご検討中の方は、ガイドラインをご確認の上、お問い合わせください。

問い合わせフォーム

※既存建物の賃貸や建築して賃貸、土地賃貸借、土地の買取り等、どのプランが最適か、相談したいという方もお気軽にお問い合わせください。土地、建物の活用をお考えになった経緯などを、詳しくお伺いし、その上で、貸主さまにとって最適なプランをご提案いたします。

STEP

2

お打ち合せ(複数回)

担当者から民泊の緒条件や募集までの流れなど、具体的にご案内いたします。貸主さまの疑問や不明な点に一つずつお答えいたします。

STEP

3

物件調査・審査

立地条件や建物について詳細な調査を実施いたします。実際に現地へ赴き、建物を確認して現地周辺の交通量、近隣施設などもチェックした上で、宿泊料の査定をさせていただきます。

STEP

4

契約条件の

お打ち合わせ

契約における諸条件についてお打ち合わせさせていただきます。契約内容の契約書条文についてご同意いただいた後、契約締結となります。

STEP

5

契約

STEP

6

お部屋の準備

寝具・家具、お部屋の清掃はもとより、台所、浴室、便所、洗面設備、水道屋や電気などの基本的なライフラインからインターネットWifiの整備。

さらには消防設備の整備(申請から許可まで2〜3ヶ月掛かります。)、賠償責任保険の加入(年間保険料:15,000円〜30,000円程度)など、

住宅宿泊事業法(民泊新法)に則し、お客様にお選び頂けるとお部屋作りを行います。

STEP

7

募集開始

募集が開始されます。

ガイドライン

契約内容

契約者

委託者(甲):建物所有者
住宅宿泊管理業者(乙):当社

契約の種類

住宅宿泊管理受託標準契約書(*1)*1:国土交通省 住宅宿泊管理受託標準契約書

賃貸借期間

契約開始日から2年間を基本とします。

手数料

<1>家主不在型民泊:売り上げの25%(消費税別)+清掃費用+水道光熱費、通信費(約15,000円)

<2>家主同居型民泊:売り上げの15%(消費税別)+清掃費用+水道光熱費、通信費(約15,000円)

民泊仲介業者は業界最大手のAirbnbになります。


土地・建物活用に関するお問い合わせ

土地・建物活用をお考えの方、ご希望や抱えている課題を

湯村不動産に相談してみませんか?

お問い合わせ